EXTERIOR

アプローチとは?1分でわかる解説&実例紹介|知って得するエクステリアのQ&A

アプローチってなに?|知って得するエクステリア

家づくりや庭づくりを依頼する際に、よく出てくる言葉が「アプローチ」。意味がわからないまま、なんとなく話が進んではいませんか? いまさら聞けないという方も、全然わからないという方もご安心ください。今回はアプローチという言葉を実際の施工事例と共に、わかりやすく簡潔に解説します。ぜひ理想の家づくりに役立ててくださいね。

アプローチの意味

ガビオスが目を引く野趣あふれるロックガーデン風エクステリア

外構において、アプローチとは門から玄関までの道のりのことを指します。

主な要素はポスト、表札、門扉、敷材、植栽、ライトなど。

住まいの第一印象を変える、外構デザインにおいて非常に大切な部分です。
またポストや玄関につながる部分なので、防犯性能もデザインに大きく変わります。

アプローチ実例とデザインのポイント

アプローチ実例①生活スタイルに合わせて、ステップとスロープの両方を盛り込んだアプローチ

【鈴鹿市】野山を取り入れたナチュラルモダンなアプローチ(正面)

おしゃれな蹴込み階段とスロープと二種類のアプローチがあるお家。


こちらの事例では、玄関に階段とスロープの両方を採用しております。しかもスロープは正面から見えない部分にゆるやかな傾斜の長さのあるものを取り入れています。

二種類取り入れた理由は、マウンテンバイクやロードバイクの出し入れのため。ご家族でアウトドアやスポーツを楽しんでいる施主様でしたので、簡易的なスロープではなく、荷物の出し入れのしやすいしっかりとしたスロープを設置させていただきました。

しかしながら毎回長い坂を上って玄関に入るのは、手間ですので、普段使いにはおしゃれな蹴込み階段をお使いいただけます。

アプローチ実例②完全目隠し。中を見せないクローズド外構のアプローチ

プライベート空間を守る高級感漂うアプローチ

プライベート空間を守る高級感漂うアプローチ

外から家の中はもちろん、お庭全体も見えない完全クローズド外構。その上、玄関前のステップ・タイル・門扉をわざとずらして配置することで、より中が見えにくい、防犯性の高いデザインになっています。

また今回の事例では、門扉を外構全体に対して中心部分から離れた、端の部分に設置してあります。そうすることで、中庭を左右に分断せず、広々と使えるようにいたしました。デッドスペースも減り、無駄の少ない効率のいいお庭となっております。

アプローチの施工事例をもっと見る☑



more⇀

関連記事一覧

人気の施工事例

instagram毎日更新中

InstagramのQRコード(@cercle.garden)

LINEお問い合わせ

LINEのQRコード 友だち追加

WEBお問い合わせ